急なお葬式にあわてないように、大人のためのお葬式マナーでしっかりお勉強しましょう。

●・・大人のための

お葬式マナー・・● 

・menu・
HOME
お通夜でのマナー
お葬式でのマナー
香典のマナー

神式・玉串奉奠

キリスト教式・献花

弔辞・弔電マナー

お葬式用語集

お葬式Q&A

世界各地のお葬式
リンク集

葬式のマナーと常識あなたは知っていますか?

お香典の包み方、渡し方、お葬式でのご挨拶、お通夜での服装、葬儀での服装、弔電・弔辞などなど。葬式特有のマナーと常識を知って、突然のお葬式に慌てないようにしましょう。

         

お葬式とは、冠婚葬祭のうちで、唯一突然訪れてしまう不足の事態です。実際のお通や葬儀の間は、驚きと悲しみの中で対応に追われるあまり、いつの間にか葬式全部が終わってしまい、心残りが残ることもあるでしょう。

できれば、身内のお葬式や親しい人のお通夜は、訪れないほうがいいのですが訪れてしまったその時のためにも、お葬式のマナーと常識は、あらかじめ身につけておくことをお勧めします。葬式は遠方で行われることもあります。地元から遠く離れた埼玉で葬儀を行うことも考えで葬式のマナーを覚えておきましょう。

 

特に、親戚関係や近所関係が希薄になった昨今では、お葬式の行い方や、マナーに添った弔問など、ご存じ無い方も多いかと思います。しかし喪主や、受付を頼まれた時、よく知らない、では困ります。その土地特有のしきたりについては、葬儀会社の人にお伺いするのが一番ですが最低限のお葬式のマナーや常識を、人に聞くのは憚られるかと思います。

 

お葬式は、死者と別れるための心の区切りとして執り行われる生者のための儀式でもあり、死者の霊を慰めるための儀式でもあります。死者を火葬することで、物理的にも死者とお別れすることになり、それを機に、死者が社会的にも、その生涯を閉じたことが明らかになります。

お葬式は、このように心理的にも宗教的にも社会的にも、非常に大切な儀式です。どうぞ、生き残ったもののためにも、黄泉の世界に旅立つ方のためにも、心残りの無い、常識に則った、立派なお葬式を執り行ってください。

お通夜とお葬式の流れ

お葬式は、死ということも実感として沸かないような中、あわただしく行われるため、マナーや準備に悔いが残らないように、ここで大まかなお通夜とお葬式の流れ、手順をみておきましょう。

お通夜やお葬式の手順としては、病院で亡くなった場合は、医師の死亡診断書が出たら、葬祭業者に連絡し、搬送を依頼します。搬送先が自宅の場合は、遺体の前に、枕飾りを用意し、本人または、家族の信仰に基づき葬式を執行してくれる寺院、僧呂に連絡し、枕経を挙げて頂きます。

お葬式の手順は、葬祭業者とよく打ち合わせをし、お葬式の形式、規模、日程、予算、会葬者のおおよその数などを決めておきます。また、お通夜の手順としては、遺影を用意したり、世話役の各担当者を決めます。死亡した当日の夜は、近親者だけで仮通夜を行うのが一般的ですので、遺族や近親者、親しい友人などに知らせ、故人の冥福を祈り、翌日に納棺して本通夜を行うのが基本の流れとなります。

お葬式の当日は、1時間程度の葬式の後、出棺で火葬場に行く場合と、出棺、火葬した後、お葬式という場合もあります。お葬式後は、「法要」と「精進落とし」といわれる会食を行い、解散となります。
また、お供え物、墓花、お葬式などに、用いられるしきみは通販サイトでタイプ別に販売しているお店もありますので見てみると良いですね。

recommend

健康の為にプロテオグリカン
http://www.rakuten.ne.jp/gold/e-peace/
仏像の販売店
http://www.ryu-sho.co.jp/
  Copyright(c) 2008 大人のためのお葬式マナー. All rights reserved.